Main Content

生命保険の定期保険と終身保険の違いについて考えてみましょう

もしもの時のために残された家族に保障を残したいと考える方はたくさんおられると思いますが、生命保険には定期保険と終身保険がありどちらに入ろうかと迷ってしまいますよね。

定期保険の特徴について

定期保険というのはいわゆる掛け捨ての保険で、10年間と60才までというように保険が適用される期間が決まっておりその間の保険料は変わりません。
保険期間が過ぎると保障は一切無くなり保険金もまったく返ってきませんが、その分保険金が安くて利用しやすいという特徴があります。

定期保険は決められた保険金を必ず受け取ることができる終身保険に比べて、月々の掛け金が少なくても高額の保障を受けることができ、年齢の上限に達していなけれ保険の更新ができる場合もあります。
ただし年齢が上がるにつれて、だんだん掛け金も高額になっていくので注意が必要です。

終身保険に特徴について

終身保険は定期保険と違って貯蓄性が高く月々お金を積み立てていく部分があるので、そのぶん当然保険金が高くなります。
定期保険と違って必ず所定の保険金を受け取ることができ、元本割れはしますが途中で解約をしたときには解約払戻金も支払われます。

終身保険は掛け金ははじめに決めた金額のまま変わることが無いので、若いうちに入れば入るほど掛け金もやすくなるという特徴があります。
しかし1度加入してしまうと保険を見直すことが難しくなり、少しずつインフレになっていく経済状態が続くとすれば、数十年後に亡くなって家族が保険金を受け取るとき、たとえ1000万円の保険に加入していてもその価値がかなり下がってしまっているのではないかという心配もあります。

生活の状況に合わせて利用したい定期保険と終身保険

大切なことは保険を掛けている人にもしものことがあったとき、家族が無事に生活をしていくためにはどのくらいのお金が必要になるのかということです。
たとえば小学生の子どもが2人いて配偶者は専業主婦の場合、一家の働き手にもしものことがあれば多額の教育費や生活費が必要になりますから、安い掛け金で保障が手厚い定期保険の方が少ない掛け金で大きな保障を得られる定期保険が便利だと言えるでしょう。

しかしすでに十分な貯金があったり夫婦共働きでどちかにもしものことがあっても経済的にはそれほど困らないような場合には、必ず保険金を受け取ることができる終身保険に入っておく方が相続税対策などになって都合がいい場合もあります。

おわりに

死亡保障は、夫婦のどちらかが亡くなってしまわないと受け取ることができません。
住宅ローンの支払いに死亡保障がついていたり、退職金を受け取って年金生活になったりした場合、多額の死亡保険金をかけておく必要があるのか疑問も残ります。
決して安くはない保険の掛け金ですから、本当に必要な保障の時期と金額をしっかりと考えて選びたいものです。

Comments

No comment yet.

Compose Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>