Main Content

最近脚光を浴びている個人年金保険

最近の注目

近年、脚光を浴びてきている商品の中に、個人年金保険というのがあります。
これはある一定額を金融機関に預けることで一定期間内に運用し、得られた利益と元手資金を年金の形で被保険者に払っていくというものです。
特に最近は、国民年金の問題や企業年金の不安など、果たして将来思っていた額が受け取れるのかどうか、また予定通りの年齢から受け取れるのかという様々な心配がある中、自分のことはやはり自分で何とか手を打っておかなければというセーフティネットの発想から、この個人年金保険の契約者が非常に増加傾向にあります。

実体は投資商品

ただ、表向きはこうした本来の年金支給という形の商品なのですが、実際のところは、年金としてというよりも、投資の商品の1つとして個人年金保険が選択されることも多くあります。
特に最近、注目を集めているのが、外貨建て個人年金保険という商品です。
これは一定期間の運用による利益だけでなく、外貨の金利及び為替差益による利益増といううまみをもっているため、とても人気があります。
ただ、金利が高いからといってどこの国の通貨建てでもよいわけではありません。金利が高いということはそれだけ国内の治安等にも不安がある場合が多いということで、長期にわたる運用ということではリスクもあります。
そういう意味では、治安の良さと金利の高さのバランスという点で最近注目を集めているのが、オーストラリアドル建ての個人年金保険です。米ドル建てと比較してもかなりの金利高ですし、投資のうまみは大きいといえます。

注意点

ただ、ここで気を付けなければならないのは、どこの金融機関で商品を購入するかということです。
というのは日本円を外貨に替える際、為替手数料がかかります。
その際、たとえば大手都銀の場合とそれ以外の金融機関の場合とでは大幅に手数料が違います。もし購入される場合はその点も考慮されるとよいでしょう。

Comments

No comment yet.

Compose Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>