Monthly Archives: 7月 2014

個人年金保険のススメ

年金額が減る備えとして、個人年金保険ってよく聞くけど、一体どういう保険!?
ということで、調べてみました。

個人年金保険とは

個人年金保険は、契約時に定めた年齢から年金が支払われる民間の保険です。
年金の種類や支払い期間は、所定の範囲内で自由に選ぶことが出来るのがこの保険の特徴です。

例えば、毎月または毎年コツコツと積み立てていくタイプ、一括で支払うタイプがあります。
また、70歳で年金を一括で受け取る設定をしたり、60歳から毎年20万円を10年間受け取るといった自分にあった選択をすることが出来ます。

また個人年金保険は、加入時に受け取る年金額が確定している「定額型」と、運用実績や為替レート
によって受け取る年金額が変わる「変額型」「外貨建」があります。

「定額型」個人年金保険の特徴

銀行から引き落とされるので、自然とお金が貯まっていきます。
貯金が苦手な人向きの保険だと思います。
また、大きく貯めるというよりは、確実に貯めていきたい人の保険です。
老後を考え早めに始めれば、それだけ大きく貯めることができます。
一方、予定利率や積立利率が低いため、大きく貯めることは出来ず、金利が上昇した時には対応出来ません。
途中解約をすると損になることもあります。

「変額型」「外貨建」個人年金保険の特徴

一時払いが一般的なので、始める時にはまとまった金額が必要です。
資産が大きく増える可能性がある一方、資産が大きく減るリスクもあります。
投資性の高い 商品になっています。

最近脚光を浴びている個人年金保険

最近の注目

近年、脚光を浴びてきている商品の中に、個人年金保険というのがあります。
これはある一定額を金融機関に預けることで一定期間内に運用し、得られた利益と元手資金を年金の形で被保険者に払っていくというものです。
特に最近は、国民年金の問題や企業年金の不安など、果たして将来思っていた額が受け取れるのかどうか、また予定通りの年齢から受け取れるのかという様々な心配がある中、自分のことはやはり自分で何とか手を打っておかなければというセーフティネットの発想から、この個人年金保険の契約者が非常に増加傾向にあります。

実体は投資商品

ただ、表向きはこうした本来の年金支給という形の商品なのですが、実際のところは、年金としてというよりも、投資の商品の1つとして個人年金保険が選択されることも多くあります。
特に最近、注目を集めているのが、外貨建て個人年金保険という商品です。
これは一定期間の運用による利益だけでなく、外貨の金利及び為替差益による利益増といううまみをもっているため、とても人気があります。
ただ、金利が高いからといってどこの国の通貨建てでもよいわけではありません。金利が高いということはそれだけ国内の治安等にも不安がある場合が多いということで、長期にわたる運用ということではリスクもあります。
そういう意味では、治安の良さと金利の高さのバランスという点で最近注目を集めているのが、オーストラリアドル建ての個人年金保険です。米ドル建てと比較してもかなりの金利高ですし、投資のうまみは大きいといえます。

注意点

ただ、ここで気を付けなければならないのは、どこの金融機関で商品を購入するかということです。
というのは日本円を外貨に替える際、為替手数料がかかります。
その際、たとえば大手都銀の場合とそれ以外の金融機関の場合とでは大幅に手数料が違います。もし購入される場合はその点も考慮されるとよいでしょう。

終身保険のメリットとデメリットとは?

はじめに

終身保険という名前は知っているけど、どんな内容なのかわからない方という方は意外と多いのではないでしょうか?
今回は簡単に終身保険のメリットとデメリットを見ていきましょう。

終身保険とは?

終身保険とは生命保険の一種で、死亡すると保険金が支払われるタイプの保険です。
同じような保険には定期保険もありますが、主に保険の保障期間の長さで区別されます。

終身保険のメリットは?

終身保険は、原則一生涯保障が続きますので、もしも時にあわてる必要がありません。
そして契約が一生涯ですので、更新する必要がなく、定期保険と異なり更新料もかからないのです。
月々の保険料を見ると最初こそ定期保険の方がお安いですが、更新を続けていくとどんどん保険料も高くなっていき、一生涯保険に入り続けるとすると、トータルの保険料では終身保険の方がかなりお得になります。
また終身保険は貯蓄性に優れていて、利率によっては銀行預金よりお金が貯まります。
また解約手続きがちょっと面倒なので、すぐに銀行預金に手を付けてしまいがちな方にはその点もメリットとなるでしょう。

では終身保険のデメリットは?

終身保険のデメリットとしてはまず、保険料が最初から高額に設定されているところでしょう。
定期保険と異なり、更新がなく、また原則保険料も上がりませんので最初から保険料を高額に設定しているのです。
掛け捨てではないことも保険料に影響しているのでしょう。
また終身保険は基本的に一生涯保証が続く代わりに、ずっと保険料を納めなければいけません。
もちろん一括して納めることもできますが、かなり高額のお金が必要になりますので、そう簡単にはできないと思います。
あと貯蓄性があるといっても、解約しないと解約返戻金がもらえませんので、お金が必要な時は解約しなければいけませんが、解約すると当然保障が無くなります。ご注意ください。

生命保険の定期保険と終身保険の違いについて考えてみましょう

もしもの時のために残された家族に保障を残したいと考える方はたくさんおられると思いますが、生命保険には定期保険と終身保険がありどちらに入ろうかと迷ってしまいますよね。

定期保険の特徴について

定期保険というのはいわゆる掛け捨ての保険で、10年間と60才までというように保険が適用される期間が決まっておりその間の保険料は変わりません。
保険期間が過ぎると保障は一切無くなり保険金もまったく返ってきませんが、その分保険金が安くて利用しやすいという特徴があります。

定期保険は決められた保険金を必ず受け取ることができる終身保険に比べて、月々の掛け金が少なくても高額の保障を受けることができ、年齢の上限に達していなけれ保険の更新ができる場合もあります。
ただし年齢が上がるにつれて、だんだん掛け金も高額になっていくので注意が必要です。

終身保険に特徴について

終身保険は定期保険と違って貯蓄性が高く月々お金を積み立てていく部分があるので、そのぶん当然保険金が高くなります。
定期保険と違って必ず所定の保険金を受け取ることができ、元本割れはしますが途中で解約をしたときには解約払戻金も支払われます。

終身保険は掛け金ははじめに決めた金額のまま変わることが無いので、若いうちに入れば入るほど掛け金もやすくなるという特徴があります。
しかし1度加入してしまうと保険を見直すことが難しくなり、少しずつインフレになっていく経済状態が続くとすれば、数十年後に亡くなって家族が保険金を受け取るとき、たとえ1000万円の保険に加入していてもその価値がかなり下がってしまっているのではないかという心配もあります。

生活の状況に合わせて利用したい定期保険と終身保険

大切なことは保険を掛けている人にもしものことがあったとき、家族が無事に生活をしていくためにはどのくらいのお金が必要になるのかということです。
たとえば小学生の子どもが2人いて配偶者は専業主婦の場合、一家の働き手にもしものことがあれば多額の教育費や生活費が必要になりますから、安い掛け金で保障が手厚い定期保険の方が少ない掛け金で大きな保障を得られる定期保険が便利だと言えるでしょう。

しかしすでに十分な貯金があったり夫婦共働きでどちかにもしものことがあっても経済的にはそれほど困らないような場合には、必ず保険金を受け取ることができる終身保険に入っておく方が相続税対策などになって都合がいい場合もあります。

おわりに

死亡保障は、夫婦のどちらかが亡くなってしまわないと受け取ることができません。
住宅ローンの支払いに死亡保障がついていたり、退職金を受け取って年金生活になったりした場合、多額の死亡保険金をかけておく必要があるのか疑問も残ります。
決して安くはない保険の掛け金ですから、本当に必要な保障の時期と金額をしっかりと考えて選びたいものです。

生命保険を選ぶポイント

自分のライフスタイルを分析することが重要

生命保険と一言に行っても、様々なタイプのものが存在しています。
自分のライフスタイルをきちんと考えて、また今後の未来予想図を踏まえて、どのような内容のものが自分に合っているのか、きちんと分析をする必要があります。
自分ではよくわからないという方は、保険のプロに相談するのも一つの手です。
様々な人の保険を見てきたプロの方は知識も多く、客観的な視点で分析・提案をしてくれるはずです。

生命保険の種類

生命保険には、大きく三つに分けることができます。
一つは死亡した際の保障機能があるもの。二つ目は、病気やケガの入院費や治療費の保障機能があるもの。
最後に老後の生活資金や子供の教育資金、また長期的な貯蓄機能があるもの。
さらに、この三つの中でも定期保険なのか終身保険なのかなど、いくつかのタイプに分かれています。
今、自分にどのような保証が必要なのかを考えると、どのタイプの保険に入るべきかがおのずと見えてくるはずです。

ライフスタイルの変化に対応する

ライフスタイルが変化をすると、それまで加入していた保険では保障が足りなくなったり、必要がなくなったりすることがあります。
たとえば、結婚した時。独身時代は医療保障のみで良くても、配偶者のために死亡保障にも加入する人が増えるでしょう。
さらに、子どもが生まれれば、自分に万が一のことがあった時のことを考えて、また教育資金を確保するために学資保険に入る必要がでてくるかもしれません。
ライフスタイルの変化に保障をマッチさせるために、10年ごとにその内容を見直すのが良いでしょう。
保険は生活するうえでのお守りのようなもの。
自分は健康だからと過信することなく、将来の安心を手にするためにも、定期的に保険について真剣に考える機会をもうけましょう。

学資保険でチェックするポイント

選び方

学資保険でチェックするポイント

プランの種類

学資保険はそれぞれの家庭に合ったプランを選ぶことが大切です。
払込み方法の種類に関しては、月払い、半年払い、年払い、1時払いが可能な学資保険がありますのでチェックしましょう。
保険料払込み期間に関してもその学資保険によってプランが色々ありますので確認しましょう。
満期時期に関してもチェックが必要です。

17歳満期、18歳満期、20歳満期、22歳満期という選択肢のある学資保険もあります。
お祖父様、お祖母様も契約可能な学資保険もあります。教育プランや家計管理は家庭によって様々です。
そのため保険料の設定などに関してもチェックが必要です。
中学進学学費金、高校進学学費金、大学入学時に合わせた満期学費金を受け取ることができる学資保険もあります。
その場合はあらかじめ、中学、高校、大学進学のために資金を準備できます。
無配当のプラン、5年ごと利差配当付きのプラン、無配当のプランなど選択できる学資保険もありますので確認しましょう。
最近では大学入学から22歳まで毎年計5回受け取ることができる学資保険もあります。
この場合あらかじめ大学入学金、大学4年間の授業料などのために、準備することができます。

万一の時の保証

保険期間中に契約者が死亡、所定の高度障害状態になった時、不慮の事故により所定の身体障害になった場合、以後の保険料の払込みが不要となる学資保険がありますので確認しましょう。万一の時の進学学費金、満期学費金の受け取りなどについてもチェックしましょう。

貯蓄性

学資保険の大きな目的はしっかり教育費、養育費を準備することです。返戻率が高い学資保険は教育資金が大きく育ち、将来受け取れるお金が多くなります。返戻率についてもしっかりチェックが必要です。